お客様の声

株式会社 美舘イメージング

photo
業務内容:光学機器の開発・販売、学習教室の経営
所在地:埼玉県上福岡市西原1丁目4番13号
お話:取締役 北原 正敏 様
URL:http://www.mecan.co.jp/
現在までの歩みをお聞かせ下さい。
  立教大学を卒業後、1年半の渡米を経て日本ポラロイド㈱に入社し、光学顕微鏡・電子顕微鏡・内視鏡等の光学機器医療機器メーカーとの折衝や新製品開発に従事しました。 入社当時から独立を考えており、個人的にシュミレーションを続けていましたが、会社の退職者優遇制度を大きなチャンスとして、平成11年4月に起業しました。
企業経営で大事なものはなんですか。
  諸葛孔明が五条河原でその命脈まさに尽きんとする時、「事を謀るは人に在り、事を成すは天に在り」と言ったと伝えられています。「どんなに知恵を絞り、策を廻らせても運命を決定するのは天の力である」との詠嘆ですが、私はこの言葉の意味を「どんなに頑張ってもうまくいかないことがある」というのではなく、「努力したこととその結果とは違う形で出ることがある」ということだと捉えなおしています。
  会社を運営していく中でも、自分が思っていたのとは違う商品が売れ始めたり、考えもしなかったニーズが出てきて開発の方向性が変わってきたりと、そういった「違う形で実現してくるもの」が沢山出てきます。そういった「思ってもいなかった結果」が得られたのは、前提として「努力をし続けていた」からであり、それこそが一番大事なことだと考えています。運命は天に任せ、人事を尽す。その結果は「雪後の松柏」のように自若として受けいれる覚悟が大切だと思います。
  当社の業務はインターネット・オンラインによる光学機器機材の商社という位置付けですが、これは前例の無い取り組みで、試行錯誤の上ノウハウを作りながら進めている状態です。商品政策としては、大手が手を出しにくい専門分野・ニッチ市場でポラロイド時代に培った知識・経験・人脈を生かせるものに絞っています。
  インターネットによる販売はお客様から見ると良い商品が本当に届くのか、どうしても不安があると思います。現在は1日にメールと電話で10~15件の問い合わせがありますが、ほぼ翌日には返答をしています。専門的な問い合わせが多いため回答も大変ですが、ネットを通じた販売はお客様の顔が見えないので、こういったスピードと丁寧な対応が肝心だと考えています。ちなみに問い合わせから注文になる確率はかなり高いですよ。また、ホームページは見やすくわかりやすくを心掛け、現在は 130頁ほどになり、アクセス数をUPさせる為に検索エンジンへの登録など色々な工夫も凝らしています。
  きめ細かな対応で「思ってもいなかった結果」を生み出しています。
これからの展開についてお聞かせ下さい。
  これからは、オリジナル商品の開発により力を入れていきたいと考えています。例えばポラロイド社の産業用光学製品をデジタルに置き換えた製品など、アイデアもありニーズもあるのですが、どれも片手間に出来るような開発ではありません。早く着手できるように準備を整えているところです。
インタビューを終えて
   「収益は社会貢献の結果である」…これが私が今回のインタビューで一番衝撃的だった言葉です。まさに、その通り。しかし誰もが忘れてしまいやすい事ではないでしょうか?
  「美舘」という言葉も地球(生きとし生けるものの美しき館)という意味なのだそうです。 インタビューを通じて北原様の経営のみならず生きていく上での姿勢に触れることができたように思います。ありがとうございました。 

市川 智子